SVOC【第5文型】


Hi there.
Let’s begin.

 

第5文型 SVOC

「主語(S)」と「述語動詞(V)」の基本形のあとに、「目的語(O)」とその目的語を説明している「補語(C)」を加えた文法。

第5文型をつくる「述語動詞」には、「call(〜と呼ぶ)」「keep(〜の状態に保つ)」「think(〜だと思う)」などの、「目的語」を必要とする「他動詞」の単語が必ず用いられる。

 

I call him Bill. 私は彼をビルと呼びます。

 

主語(S)
〜は
〜が
I
私は
述語動詞(V)
〜する
call
呼びます
関節目的語(O)
(人など) 〜を
him
彼を
補語(C)
(物・事) 〜と
(物・事) 〜に
Bill
ビルと

 

過去形 I called him Bill. 私は彼をビルと呼びました。

 

主語(S)
〜は
〜が
I
私は
述語動詞(V)
〜した
called
呼びました
関節目的語(O)
(人など) 〜を
him
彼を
補語(C)
(物・事) 〜と
(物・事) 〜に
Bill
ビルと

 

 

そのあとに続く「目的語」と「補語」は、「目的語 = 補語」の関係にあるのが特徴。

 

I call him Bill. (目的語 him = 補語 Bill
私は彼をビルと呼びます。(目的語 = 補語 ビル

 

S + V + O + C( C=名詞句)

He calls me Haru.
彼は 私を ハルと 呼びます
I thought he was a very serious man.
私は 彼を とても真面目な人だと 思いました
We chose him captain.
私たちは 彼を キャプテンに 選びました

 

S + V + O + C( C=過去分詞)

I had my car repaired.
私は 自分の車を 修理 しました

 

S + V + O + C( C=to 不定詞)

I want you to come.
私は あなたに 来て 欲しいです
I asked him to consider my proposal.
私は 彼に 私の提案を 検討するよう 頼みました

 

S + V + O + C( C=形容詞)

He made me smile.
彼は 私を 笑顔に しました
The surprise partymade her happy.
そのサプライズパーティは 彼女を 幸せに しました

 

 



 

It’s so much for today.
今日はここまで。

Thank you for reading to the end.
最後まで読んでくれてありがとうございます。

See you next time.