SVO1O2 O2=疑問詞 + to 不定詞【第4文型】


Hi there.

 

 

 

 

第4文型 SVO1O2

「主語(S)」と「述語動詞(V)」の基本形のあとに、2つの「目的語(O)」を加えた文法。

第4文型をつくる「述語動詞」には、「give(〜を与える)」「teach(〜を教える)」「pay(〜を払う)」などの、「目的語」を必要とする「他動詞」の単語が必ず用いられる。

 

 She teaches me English.  彼女は私に英語を教えます。 

S(主語) V(述語動詞) O1(関節目的語) O2(直接目的語)
〜は / 〜が ~する (人など) 〜に (物・事) 〜を
she teaches me English
彼女は 教えます 私に 英語を

 

 過去形 She taught me English.  彼女は私に英語を教えました。 

S(主語) V(述語動詞) O1(関節目的語) O2(直接目的語)
〜は / 〜が ~した (人など) 〜に (物・事) 〜を
she taught me English
彼女は 教えました 私に 英語を

 

 

そのあとに続く最初の目的語には、「人など」を指す「間接目的語(O1)」、もうひとつの目的語には、「物・事など」を指す「直接目的語(O2)」が用いられる。

 

 He shows me the way.  彼は私に道を教えてくれます。 

S(主語) V(述語動詞) O1(関節目的語) O2(直接目的語)
〜は / 〜が ~する (人など) 〜に (物・事) 〜を
He shows me the way
彼は 教えてくれます 私に 道を

 

 過去形 He showed me the way.   彼は私に道を教えてくれました。 

S(主語) V(述語動詞) O1(関節目的語) O2(直接目的語)
〜は / 〜が ~した (人など) 〜に (物・事) 〜を
He showed me the way
彼は 教えてくれました 私に 道を

 

日本語では、「O1」と「O2」の目的語の語順を入れ替えても意味はさほど変わらない。

 

彼は 私に 道を 教えてくれました
彼は 道を 私に 教えてくれました

 

しかし、英語では正しい語順に並べないと変な英語になってしまう。

He showed me the way (O1 = me / O2 = the way
彼は私に道を教えてくれました。

He showed the way me. (O1 = the way / O2 = me
彼は道に私を教えてくれました。

 

 

S + V + O1 + O2O2how to~・what to ~など

 

I asked him what to say in my speech. 私は彼に私のスピーチで何を言うべきか尋ねました
He taught me how to get to the station. 彼は私に駅への行き方を教えてくれました

 

 

 

It’s so much for today.
今日はここまで。

Thank you for reading to the end.
最後まで読んでくれてありがとうございます。

See you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA