SVC【第2文型】


Hi there.
Let’s begin.

 

第2文型 SVC

「主語(S)」と「述語動詞(V)」の基本形のあとに、「補語(C)」を加えた文法。

He is a teacher. 彼は先生です。

 

主語(S)
〜は
〜が
He
彼は
述語動詞(V)
〜である
is
です
補語(C)
〜で
a teacher
先生

 

過去形 He was a teacher. 彼は先生でした。

 

主語(S)
〜は
〜が
He
彼は
述語動詞(V)
〜でした
was
でした
補語(C)
〜で
a teacher
先生

 

 

第2文型をつくる「述語動詞」は、「不完全自動詞」と呼ばれ、それ自身だけでは意味を完了することができず、「補語」を加えることで初めて文章の意味が成り立つ「自動詞」が用いられる。

 

He is(S + V) ▷ He is a teacher.(S + V + C
彼はです。 ▷ 彼は先生です。

 

第2文型をつくる「補語」には、「主語」などが「どんな人・どんな状態」などであるかを説明する「名詞・代名詞・形容詞」の単語が用いられ、「主語」と「補語」は、「述語動詞」を挟んで「主語 = 補語」の関係にあるのが特徴。

 

He is a teacher. (主語 He = 補語 a teacher
彼は先生です。(主語 彼は = 補語 先生

 

第2文型をつくる「述語動詞」には、「am・are・is(〜である)」などの「be動詞」のほかに、「look(〜に見える)」「become(〜になる)」「feel(〜を感じる)」などの「一般動詞」の単語が用いられる場合もある。

 

He become a teacher. 彼は先生になる。

 

主語(S)
〜は
〜が
He
彼は
述語動詞(V)
〜である
become
になる
補語(C)
〜で
a teacher
先生

 

 

S + V + C(C=名詞句)

I am Haru.
私は ハルです
He is a friend of mine.
彼は 私の友人です
She is a talented pianist.
彼女は才能に恵まれたピアニストです
He seems a pleasant man.
彼は 楽しい人のように見えます
She remains a beautiful woman.
彼女は 美しい女性のままです。

 

S + V + C(C=形容詞)

He is young.
彼は 若いです
This watch is expensive.
この時計は高価です
She is kind.
彼女は やさしいです
He is tired.
彼は 疲れている
They are very kind.
彼らは とても親切です
She looks happy.
彼女は 幸せそうです
His mother seems lovely.
彼の母親は 素敵なようです。
She will get angry.
彼女は 怒るでしょう

 

S + V + C(C=現在分詞)

He drove by listening to music.
彼は音楽を 聴きながら運転した。
He remained working past midnight.
彼は真夜中過ぎ 働き続けた

 

S + V + C(C=過去分詞)

He looks worried.
彼は心配しているように見えます
He lookedconfusedby her question.
彼は彼女の質問に 混乱しているように見えます
She is a talented pianist.
彼女は才能に恵まれたピアニストです
They left without being convinced.
彼らは納得がいかないまま去った

 

S + V + C(C=動名詞)

His hobby is playing the guitar.
彼の趣味はギターを 弾くことです
Her custom is getting upearly.
彼女の習慣は早く 起きることです
My phobia is touchinginsects.
彼女の恐怖は虫を 触ることです

 

S + V + C(C=to 不定詞)

She seems to be happy.
彼女は幸せそうです
My dream is to be a singer.
私の夢は歌手になることです
His dream is to play in the major league.
彼の夢はメジャーリーグで プレーすることです
My dog’s trick is to catch the ball.
私の犬の芸はボールを キャッチすることです
The picture proved to be the work of Banksy.
その絵はバンクシーの 作品であることが証明されました

 

S + V + C(C=that節)

I am glad that I met you.
私はあなたに会ったことがうれしいです
◎ Our only regret is that we can not be there.
私たちの唯一の 後悔は私たちがそこにいることができないということです
His trouble is that he has hay fever.
彼の悩みは彼が花粉症にかかっていることです
His weakness is that he is not good at speaking in public.
彼の弱点は人前で 話すことが苦手なことです
I believe that the dream come true.
私は夢が叶うと信じています

 

S + V + C(C=疑問詞節)

The question is whether you like it or not.
問題はあなたがそれを好きかどうかです

 

 

It’s so much for today.
今日はここまで。

Thank you for reading to the end.
最後まで読んでくれてありがとうございます。

See you next time.