SVC C=that節【第2文型】


Hi there.

 

 

Let’s begin.

 

第2文型 SVC

「主語(S)」と「述語動詞(V)」の基本形のあとに、「補語(C)」を加えた文法。

 

 He is a teacher. 彼は先生です。 

S(主語)V(述語動詞)C(補語)
〜は / 〜が〜ある〜で
Heisa teacher
彼はです先生

 

 過去形 He was a teacher. 彼は先生でした。 

S(主語)V(述語動詞)C(補語)
〜は / 〜が〜あった〜で
Hewasa teacher
彼はでした先生

 

 

第2文型をつくる「述語動詞」は、「不完全自動詞」と呼ばれ、それ自身だけでは意味を完了することができず、「補語」を加えることで初めて文章の意味が成り立つ「自動詞」が用いられる。

 

He is(S + V / 彼はです) ▷ He is a teacher.(S + V + C / 彼は先生です)

 

第2文型をつくる「補語」には、「主語」などが「どんな人・どんな状態」などであるかを説明する「名詞・代名詞・形容詞」の単語が用いられ、「主語」と「補語」は、「述語動詞」を挟んで「主語 = 補語」の関係にあるのが特徴。

 

He is a teacher. (主語 He = 補語 a teacher
彼は先生です。(主語 彼は = 補語 先生

 

第2文型をつくる「述語動詞」には、「am・are・is(〜である)」などの「be動詞」のほかに、「look(〜に見える)」「become(〜になる)」「feel(〜を感じる)」などの「一般動詞」の単語が用いられる場合もある。

 

 He become a teacher. 彼は先生になる。 

S(主語)V(述語動詞)C(補語)
〜は / 〜が〜ある〜で
Hebecomea teacher
彼は〜になる先生に

 

 

SVCCthat節

 

I am glad that I met you.私はあなたに会ったことがうれしいです
Our only regret is that we can not be there.私たちの唯一の後悔は私たちがそこにいることができないということです
His trouble is that he has hay fever.彼の悩みは彼が花粉症にかかっていることです
His weakness is that he is not good at speaking in public.彼の弱点は人前で話すことが苦手なことです
I believe that the dream come true.私は夢が叶うと信じています

 

 

 

 

It’s so much for today.
今日はここまで。

Thank you for reading to the end.
最後まで読んでくれてありがとうございます。

See you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA