大晦日に使ってみたい英語フレーズ


Hi there.

大晦日(おおみそか)の起源や大晦日に使える英語フレーズについてまとめてみました。

 

 

 

 

Let’s begin.

New Year’s Eve 大晦日

日本では、1年の最後の日「12月31日」のことを「大晦日」といい、旧暦で毎月の最後の日を「月の30番目の日」を意味する「晦日(みそか)」、1年の最後の晦日を「大晦日」と言われていたことに由来する。

また旧暦に用いられていた「太陰暦」では、新月の日を毎月の始まりとし、満月を迎える頃を15日、月が隠れる頃を月末というように、月の満ち欠けを1ヵ月の基準としていたことから、「晦」という字には「月が隠れる」という意味があり、「晦日」を「つきごもり」とも言うそうだ。

さて、「大晦日」を英語ではなんというのだろうか?

12月24日を「Christmas Eve(クリスマス・イブ)」というように、「Eve」には「祭日・祝日の前夜」といった意味がある。

そのため「大晦日」のことを、「新年の前夜」を意味する「New Year’s Eve」というのが、英語では使われている。

 

 

Happy New Year

日本で年末の挨拶といえば「よいお年を」が定番だが、英語ではどんなあいさつがされているのだろうか?

日本では、年賀状や新年のあいさつに使う「明けましておめでとう」に当たる英語として「Happy New Year」がよく使われているが、英語圏では「年末のあいさつ」としてもよく使われているのだとか。

 

 

example 用例

Have a happy new year!
ハぁぶ ア ピィ ア~
良い年を!

Happy Holidays!
ピィ リデイス
良い休日を!

I wish you a happy new year!
ウィッシュ ユー ア ピィ ア~
よいお年お迎えください!

I wish you good luck for the next year!
ウィッシュ ドゥ ック ふォー クストゥ ア~
よいお年をお迎えください。

I hope you have a happy new year!
ゥプ ユー ハぁぶ ア ピィ ア~
よい年になりますように!

Have a great new year!
ハぁぶ ア グイトゥ ア~
素敵な新年を迎えてくださいね!

I hope you will have a great year in  2019.
ゥプ ユー ウィハぁぶ ア イトゥ ア~ イン トゥウェンティ ナインティーン
あなたにとって2019年も、良い年でありますように。

 

 

 

 

It’s so much for today.
今日はここまで。

Thank you for reading to the end.
最後まで読んでくれてありがとうございます。

See you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA