クリスマスイブに使ってみたい英語フレーズ


Hi there.

クリスマスイブの起源やクリスマスイブに使える英語フレーズについてまとめてみました。

 

 

 

 

Let’s begin.

What is Christmas? クリスマスとは

Christmasとは、「キリスト・救世主」を意味する「 christ(クライスト)」と「ミサ・祭礼・礼拝」を意味する「 mas(マス)」を組み合わせた言葉で、「イエス・キリストの誕生を祝う祭」を意味するキリスト教の宗教行事。

しかし、イエス・キリストの誕生日には様々な説があり、正確な日付に関する記録は残されていない。

そのため、12月25日が「キリストの誕生日」であるというよりは、「キリストが誕生したことを祝う日」として、4世紀ごろから「12月25日」に定着して祝われているものなのだとか。

 

 

Christmas Eve クリスマス・イブ

「12月25日」を「Christmas」、その前日の「12月24日」を「Christmas Eve」といい、「Eve」は、「夜・晩」を意味する「evening(イブニング)」を省略したもの。

現代の Christmas Eveは、「クリスマスの前夜」としてとらえられているが、ユダヤ暦が用いられていた時代の「1日」は、「日没から翌日の日没まで」としていたことから、本来のクリスマスは「12月24日の晩から翌25日の晩まで」なのだそうだ。

 

 

Merry Christmas! メリー・クリスマス!

「merry」は「愉快な・陽気な・笑い楽しむ」といった意味を持ち、「Merry Christmas!」を直訳すると「楽しいクリスマスを!」となる。

クリスマスシーズンの挨拶として、よく「Merry Christmas!」と使われているが、実は「I wish you a Merry Christmas.(私はあなたが楽しいクリスマスを過ごすことを祈っています。)」という意味を簡略化した言葉なのだそうだ。

 

 

X’mas!!

よく「クリスマス」を「X’mas」や「Xmas」と表記されているのを見かけるが、「’(アポストロフィ)」を入れた表記は「間違い」のようで、これは「和製英語」ともいわれている。

一説によると、ギリシャ語で「キリスト・救世主」を「Χριστος(クリストス)」と表記することから、その頭文字の「X」を「Christ」の代用として省略表記されたものというのが有力のようだ。

 

 

Happy holidays!

「Merry Christmas !」は、基本的にキリスト教の教徒たちの間で、クリスマスのお祝いをする時に使われる挨拶なので、アメリカなどでは、ほかの宗教に配慮した「Happy holidays!」がよく使われている。

なので、クリスマスシーズンに海外の人たちと挨拶を交わすのであれば、宗教的な配慮をした「Happy holidays !」を使うことが望ましいだろう。

 

example 用例

Merry Christmas!
リィ クスマス!
楽しいクリスマスを!

Happy holidays!
ピィ リデイス!
良い休日を!

Merry Christmas and a Happy New Year!
リィ クスマス あンドゥ ア ピィ ア~!
メリークリスマス、そしてよいお年を!

Warmest wishes for a happy holiday season.
ウォームエスト  ウィッシュズ ふォー ア ピィ リデイ スィーズン
素敵な休暇を過ごせますように。

 

 

 

 

It’s so much for today.
今日はここまで。

Thank you for reading to the end.
最後まで読んでくれてありがとうございます。

See you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA