ローマ字

diphthong  拗音

拗音(ようおん)とは、日本語の音節のうち、小さな「ゃ・ゅ・ょ」などをつけ、1音節に仮名2文字で表記される音のこと。

 

ひらがなカタカナヘボン式訓令式
きゃキャKYAKYA
きゅキュKYUKYU
きょキョKYOKYO

 

 

ひらがなカタカナヘボン式訓令式
しゃシャSHASYA
しゅシュSHUSYU
しょショSHOSYO

 

 

ひらがなカタカナヘボン式訓令式
ちゃチャCHATYA
ちゅチュCHUTYU
ちょチョCHOTYO

 

 

ひらがなカタカナヘボン式訓令式
にゃニャNYANYA
にゅニュNYUNYU
にょニョNYONYO

 

 

ひらがなカタカナヘボン式訓令式
ひゃヒャHYAHYA
ひゅヒュHYUHYU
ひょヒョHYOHYO

 

 

ひらがなカタカナヘボン式訓令式
みゃミャMYAMYA
みゅミュMYUMYU
みょミョMYOMYO

 

 

ひらがなカタカナヘボン式訓令式
りゃリャRYARYA
りゅリュRYURYU
りょリョRYORYO

 

 

diphthong and voiced sound 拗濁音

拗濁音(ようだくおん)とは、拗音の仮名に濁点「゛」を付けて表記される音のこと。

 

ひらがなカタカナヘボン式訓令式
ぎゃギャGYAGYA
ぎゅギュGYUGYU
ぎょギョGYOGYO

 

 

ひらがなカタカナヘボン式訓令式
じゃジャJAZYA
じゅジュJUZYU
じょジョJOZYO

 

 

ひらがなカタカナヘボン式訓令式
ぢゃヂャDHAZYA
ぢゅヂュDHUZYU
ぢょヂョDHOZYO

 

 

ひらがなカタカナヘボン式訓令式
びゃビャBYABYA
びゅビュBYUBYU
びょビョBYOBYO

 

 

diphthong and p-sound 拗半濁音

拗半濁音(ようはんだくおん)とは、拗音の仮名に半濁点「゜」を付けて表記される音のこと。

 

ひらがなカタカナヘボン式訓令式
ぴゃピャPYAPYA
ぴゅピュPYUPYU
ぴょピョPYOPYO

 

 

special sound 特殊音

特殊音(とくしゅおん)では、すべてではありませんが、外来語として使われている音を表記しています。

 

カタカナヘボン式訓令式
イェYEYE

 

 

カタカナヘボン式訓令式
ウィWIWI
ウェWEWE
ウォWHOWHO

 

 

カタカナヘボン式訓令式
クァKWAKWA
クィKWIKWI
クェKWEKWE
クォKWOKWO

 

 

カタカナヘボン式訓令式
シェSHESYE

 

 

カタカナヘボン式訓令式
スィSISWI
スェSWE

 

 

カタカナヘボン式訓令式
チィCHITYI
チェCHETYE

 

 

カタカナヘボン式訓令式
ツァTSATWA
ツィTSITWI
ツェTSETWE
ツォTSOTWO

 

 

カタカナヘボン式訓令式
チェCYETYE

 

 

カタカナヘボン式訓令式
ティTHITJI
テェTHETJE
テュTYU

 

 

カタカナヘボン式訓令式
トァTWATWA
トィTWITWI
トゥTUTWU
トェTWETWE
トォTWOTWO

 

 

カタカナヘボン式訓令式
ファFAHWA
フィFIHWI
フェFEHWE
フォFOHWO

 

 

カタカナヘボン式訓令式
フャFYAFYA
フュFYUFYU
フョFYOFYO

 

 

カタカナヘボン式訓令式
ヴァVAVA
ヴィVIVI
VUVU
ヴェVEVE
ヴォVOVO

 

 

カタカナヘボン式訓令式
ギェGYEGYE

 

 

カタカナヘボン式訓令式
ジェJEZYE

 

 

カタカナヘボン式訓令式
ズィZIZWI
ズォZOZWO

 

 

カタカナヘボン式訓令式
グァGWA
グィGWI
グゥGWU
グェGWE
グォGWO

 

 

カタカナヘボン式訓令式
デャDYADYA
ディDHIDJI
デェDYEDYE
デュDYUDYU
デョDYODYO

 

 

カタカナヘボン式訓令式
ドァDWADVA
ドィDWIDVI
ドゥDWUDVU
ドェDWEDVE
ドォDWODVO

 

 

カタカナヘボン式訓令式
ブァBWA
ブィBWI
ブェBWE
ブォBWO

 

 

カタカナヘボン式訓令式
プァPWA
プィPWI
プェPWE
プォPWO

 

 

assimilated sound 促音

促音(そくおん)は、小さな「っ・ッ」で表記されているつまる音に、次にくる文字(子音)を2つ使うこと。 ただし、ヘボン式で「ち・ちゃ・ちゅ・ちょ」が次にくる場合、「ch」の前の促音を「t」にする。

 

example 用例

ki t te
て(切手)
stamp

i chi
ち(一致)
match

 

 

syllabic nasal 撥音

撥音(はつおん)は、「ん・ン」で表記されるはねる音に「N・n」を使うこと。 ただし、ヘボン式で「b mp」が次にくる場合は、前の撥音を「m」にする。

撥音のつぎに母音字、または「y」がつづくときは「 (アポストロフィー)」、または「(ハイフン) 」でくぎる。

 

example 用例

onsen
せん(温泉)
Hot spring

shimbun
ぶん(新聞)
news paper

hon’ya / honya
や(本屋)
book store

 

 

long vowel 長音

ヘボン式の長音(ちょうおん)は、平仮名なら「あ」や「う」で表記される伸ばす音の母音字に、「 (サーカムフレックス)」もしくは「 ¯(マクロン)をつけること。

また、片仮名なら「ケーキ」や「サッカー」などの「ー(長音符号)」で表記される音に、「 (サーカムフレックス)」もしくは「 ¯(マクロン)をつけること。

 

example 用例

Tōkyō
きょ(東京)
Tokyo

takushī
タクシー
taxi

 

 

 

It’s so much for today.
今日はここまで。

Thank you for reading to the end.
最後まで読んでくれてありがとうございます。

See you again in another word.
ほかの言葉で、またお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA