英語であいさつするときに1日を通して使えるフレーズ


Hi there.

朝のあいさつの「おはよう」や、昼間のあいさつの「こんにちは」、夜のあいさつの「こんばんは」意外にも、朝・昼・夜を問わず使える英語フレーズをまとめてみたものです。

Let’s begin.

 

朝・昼・夜共通のあいさつ

 

英語
Hello.
発音
日本語
やあ。
おはよう。
こんにちは。
こんばんわ。
memo
時間に関係なく使われている定番のあいさつ。

 

英語
Hi.
発音
日本語
やあ。
どうも。
おはよう。
こんにちは。
こんばんわ。
memo
時間に関係なく使われているカジュアルなあいさつ。

 

英語
Hello, Bill.
発音
日本語
やあ、ビル。
memo
「Good morning」や「Hi」「Hello」などの基本あいさつのあとに、相手の名前をつけてあいさつするのが一般的。

Hello, + 名前.

 

英語
Hi, Bill.
発音
日本語
やあ、ビル。
memo
「Good morning」や「Hi」「Hello」などの基本あいさつのあとに、相手の名前をつけてあいさつするのが一般的。

Hi, + 名前.

 

英語
Hello, there.
発音
日本語
やぁ。
おはよう。
こんにちは。
こんばんは。
直訳
こんにちは、そこの人。
memo
家族や友だちなど親しい相手に、「Hello」の後に名前をつけてあいさつするのが一般的で、お店に来たお客さんなどの名前がわからない相手に対して、フレンドリーなあいさつをするときなどに、「there」をつけてあいさつする。

thereは、副詞としての「そこに、あそこで」などの意味や、「There is ~」などの構文としての「~があります」という意味になるが、挨拶表現におけるthere自体には、特に深い意味はないのだとか。

 

英語
Hi, there.
発音
イ 
日本語
やぁ。
おはよう。
こんにちは。
こんばんは。
直訳
こんにちは、そこの人。
memo
家族や友だちなど親しい相手に、「Hi」の後に名前をつけてあいさつするのが一般的で、お店に来たお客さんなどの名前がわからない相手に対して、フレンドリーなあいさつをするときなどに、「there」をつけてあいさつする。

thereは、副詞としての「そこに、あそこで」などの意味や、「There is ~」などの構文としての「~があります」という意味になるが、挨拶表現におけるthere自体には、特に深い意味はないのだとか。

 

英語
Hello, everyone !
発音
 ヴリ
日本語
みなさん、おはよう!
みなさん、こんにちは!
みなさん、こんばんわ!
memo
授業や会議などを始める時に、複数の人に向かって使うあいさつ。

 

英語
Hello, again.
発音
日本語
やぁ、また会いましたね。
どうも、また会いましたね。
memo
同じ日に再びあった相手に使われているあいさつ。

 

英語
How are you ?
発音
ー ユー ⤵
日本語
元気ですか?
調子はどうですか?
お変わりないですか?
memo
「元気?」「体の具合はどうですか?」など相手の健康を伺う言い方。

単に「Hello」などの基本あいさつに続く、形式ばったあいさつとして学校で習う定番フレーズだが、実際にはあまり使われていないようだ。

 

英語
How’s it going ?
発音
ズィ イン
日本語
調子はどう?
元気ですか?
memo
「Good morning」「Hello」などの基本あいさつに続く、友人や職場の同僚などに対して使うカジュアルな定番フレーズのひとつ。

 

英語
How are you doing ?
発音
ー ユー ドゥーイン
日本語
元気ですか?
調子はどうですか?
あなたはいかがお過ごしでしょうか?
memo
「Good morning」「Hello」などの基本あいさつに続く定番フレーズのひとつ。

 

 

 

It’s so much for today.
今日はここまで。

Thank you for reading to the end.
最後まで読んでくれてありがとうございます。

See you again in another word.
ほかの言葉で、またお会いしましょう。