仕事について質問する・答える英語フレーズ


Hi there.

日常の様々なシーンで使える英語フレーズをまとめてみたものです。
 

仕事について聞く

 

What do you do ?
発音ット ドゥー ユー ドゥー ⤵
日本語お仕事は何をされていますか?
 直訳  何をしていますか?
memoもっとも使われるフォーマルな定番フレーズ

正式には「What do you do for living ?」となるが、会話の流れから「職業」について尋ねていることがはっきりしている場合は、「for living」を省略して単に「What do you do ?」でも伝わる

What kind of Job ?
発音ット インド アヴ ヂャブ ⤴
日本語どんなお仕事ですか?
memo
Where do you work ?
発音ウェあ~ ドゥー ユー ~ク ⤴
日本語あなたはどこで働いていますか?
memo
Where is your office ?
発音ウェあ~ イズ ユア ーフィス
日本語あなたの会社はどこですか?
あなたの事務所はどこですか?
memo
Who do you work for ?
発音ー ドゥー ユー ~ク ふォ
日本語あなたはどこの会社で働いてますか?
 直訳  あなたはのために働くのですか?
memo「Who」は「」という意味以外にも「団体」をも意味し、「どの会社」というニュアンスにとることができる
What are you responsible for ?
発音ット アー ユー リスンシブル ふォ
日本語あなたは何を担当しているのですか?
 直訳  あなたは何に責任がありますか?
memo
May I have your business card ?
発音イ アイ ハぁぶ ユア ズネス ード
日本語あなたの名刺をいただけますか?
memo
What do you do for living ?
発音ット ドゥー ユー ドゥ ふォー ヴィン
日本語お仕事は何をされていますか?
 直訳  生活するために何をしていますか?
memoもっとも使われるフォーマルな定番フレーズ
What line of work are you in ?
発音ット イン アヴ ~ク アー ユー ン ⤴
日本語どんなお仕事をしていますか?
memo
What kind of work do you do ?
発音ット インド アヴ ~ク ドゥー ユー ドゥー
日本語あなたはどんな仕事をしていますか?
memo
Which company do you work for ?
発音ウィッチ ンパニィ ドゥー ユー ~ク ふォー ⤴
日本語どちらの会社にお勤めですか?
memo
How long have you been working in this company ?
発音 ーン ハぁぶ ユー ーン ~キン イン ずィンパニィ ⤴
日本語あなたはこの会社でどのくらい働いていますか?
memo

 

 

仕事について伝える

 

I’m with ABC company.
発音イム ウィッシ スィ ンパニィ
日本語私はABC社に勤めています
memo
I’m a web designer.
発音イム ウェディザイナー
日本語私はウェブデザイナーです
memo
I am self-employed.
発音イ アム ルフ エンプイド
日本語私は自営業です
memo
I’m not working now.
発音イム ット ~キン
日本語私は今は働いていません
私は無職です
memo
I have own my business.
発音ハぁウン マイ ズネス
日本語私は自営業です
自分自身の仕事を持っています
memo
I work in sales department.
発音~ク イン イル ディートゥメント
日本語私は営業を担当しています
memo
I work for an ABC company.
発音~ク ふォー エン スィ ンパニィ
日本語私はABC社に勤めています
memoI work for + 会社名 + company.
I’m the manager of the sales department.
発音イム ザ ネヂャー アヴ ザ イル ディートゥメント
日本語
memo私は営業部の部長です
私は営業部の責任者です
I have been working here for three years.
発音ハぁーン ~キン ヒア ふォー スリィー ヤーズ
日本語私はここで3年働いています
memo

 

 

知識としてきちんとした言い方を知っておくことは、もちろん大切なことではありますが、それにこだわりすぎると話せなくなってしまいますよね。

私たち日本人にとって「英語」とは「外国語」なのですから、失敗や間違いを恐れる必要はありません。

シンプルなフレーズでも相手に伝えることはできますし、「間違って当たり前!!」くらいに開き直って、何度も繰り返し使っていくことが大切です。

まずは、あなたが覚えやすいと思う英語フレーズから、どんどん使ってみてください。

 

 

 

It’s so much for today.
今日はここまで。

Thank you for reading to the end.
最後まで読んでくれてありがとうございます。

See you again in another word.
ほかの言葉で、またお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA