相手のこと聞く英語フレーズ


Hi there.

日常の様々なシーンで使える英語フレーズをまとめてみたものです。

 

名前を聞く

初めて会った人の名前を聞くときに使える英語フレーズ。

 

What is your name ?
発音ッティズ ユア イム ⤵
日本語あなたの名前は何ですか?
memo
What should I call you ?
発音ット シュッド アイ ーる ユー ⤵
日本語あなたを何と呼べばいいですか?
memo

 

 

出身地・居住地を聞く

相手の出身地や今住んでいる所を聞くときに使える英語フレーズ。

日本でも、相手に個人的なことを根ほり葉ほりと聞くことは、失礼に当たる場合があるのと同じように、世界の国々でもむやみに個人的なことを尋ねるのは失礼に当たるので配慮が必要。

 

Where are you from ?
発音ウェアー ユー フム ⤵
日本語あなたの出身はどちらです?
memo
Where are you live ?
発音ウェアー ユー ブ ⤵
日本語あなたはどこにお住まいですか?
memo
Where were you born ?
発音ウェアー ワー ユー ーン ⤵
日本語あなたはどこで生まれましたか?
memo
Where do your parents live ?
発音ウェアー ドゥ― ユア  ペランツ ブ ⤵
日本語あなたの実家はどちらですか?
あなたの両親の家はどちらですか?
memo

 

 

年齢・誕生日を聞く

相手の年齢や誕生日を聞くときに使える英語フレーズ。

日本でも、相手に個人的なことを根ほり葉ほりと聞くことは、失礼に当たる場合があるのと同じように、世界の国々でもむやみに個人的なことを尋ねるのは失礼に当たるので配慮が必要。

文頭に「May I ask ~(~してもよそしいですか)」や「Could I ~(~してもいいですか)」をつけるとよいでしょう。

 

How old are you ?
発音 ールドゥ アー
日本語あなたは何歳ですか?
memo
When is your birthday ?
発音ウェン イズ ユア バ~スイ ⤵
日本語あなたの誕生日はいつですか?
memo
May I ask how old you are ?
発音イ アイ スク ハ ールドゥ ユー
日本語あなたの年齢を聞いてもよろしいですか?
memo相手に個人的なことを根ほり葉ほりと聞くことは、失礼に当たる場合があるので、文頭に「May I ask ~(~してもよそしいですか)」などをつけるとよい。

 

 

知識としてきちんとした言い方を知っておくことは、もちろん大切なことではありますが、それにこだわりすぎると話せなくなってしまいますよね。

私たち日本人にとって「英語」とは「外国語」なのですから、失敗や間違いを恐れる必要はありません。

シンプルなフレーズでも相手に伝えることはできますし、「間違って当たり前!!」くらいに開き直って、何度も繰り返し使っていくことが大切です。

まずは、あなたが覚えやすいと思う英語フレーズから、どんどん使ってみてください。

 

 

 

It’s so much for today.
今日はここまで。

Thank you for reading to the end.
最後まで読んでくれてありがとうございます。

See you again in another word.
ほかの言葉で、またお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA