基本5文型


Hi there.

日本語でも英語でも、その他の言語でも、語句をでたらめにただ並べても、その並べ方や繋ぎ方がルールにあってはまっていなければ、相手に通じにくくなってしまいます。

その言葉ををわかりやすくするための「ルール」のことを「文法」と言います。

 

 

Let’s begin.

基本5文型とは

基本5文型とは、複雑な文章を理解しやすくするために、「主語(S)・述語動詞(V)・目的語(O)・補語(C)」の4つの要素を組み合わせ、英文の「ルール」をおおまかに5つの文型に分類したもの。

 

 要素 

Subject = 主語
Verb = 述語動詞
Object = 目的語
Complement = 補語
Modifier = 修飾語

 

英文は、「主語 + 述語動詞」を基本の形とし、そこに様々な語句を加えて構成されおり、大体の英文はこの「基本5文型」に当てはめることができる。

 

基本5文型

第 1文型 SV
第 2文型 SVC
第 3文型 SVO
第 4文型 SVO1O2
第 5文型 SVOC

 

 

 

第1文型 SV

「主語(S)」と「述語動詞(V)」の組み合わせだけで意味の通じる英文になる、英文法の基本形。

 

S(主語)V(述語動詞)
〜は / 〜が〜する

 

SV
(主語 + 述語動詞)

SV + 前置詞句
(主語 + 述語動詞 + 前置詞句)

 

 

 

第2文型 SVC

「主語(S)」と「述語動詞(V)」の基本形のあとに、「補語(C)」を加えた文法。

 

S(主語)V(述語動詞)C(補語)
〜は / 〜が~ある〜で

 

SVC
(主語 + 述語動詞 + 補語=名詞句

SVC
(主語 + 述語動詞 + 補語=形容詞

SVC
(主語 + 述語動詞 + 補語=現在分詞

SVC
(主語 + 述語動詞 + 補語=過去分詞

SVC
(主語 + 述語動詞 + 補語=動名詞句

SVC
(主語 + 述語動詞 + 補語=to 不定詞

SVC
(主語 + 述語動詞 + 副詞=that節

SVC
(主語 + 述語動詞 + 副詞=疑問詞節

 

 

 

第3文型 SVO

「主語(S)」と「述語動詞(V)」の基本形のあとに、「目的語(O)」を加えた文法。

 

S(主語)V(述語動詞)O(目的語)
〜は / 〜が~する〜に / 〜を / 〜が

 

SVO
(主語 + 述語動詞 + 目的語=名詞句

SVO
(主語 + 述語動詞 + 目的語=動名詞

SVO
(主語 + 述語動詞 + 目的語=to 不定詞

SVO
(主語 + 述語動詞 + 目的語=how to 〜・what to 〜 など

SVO
(主語 + 述語動詞 + 目的語=that節

SVO
(主語 + 述語動詞 + 目的語=疑問詞節

SVO + 前置詞句
(主語 + 述語動詞 + 目的語 + 前置詞句)

 

 

 

第4文型 SVO1O2

「主語(S)」と「述語動詞(V)」の基本形のあとに、2つの「目的語(O)」を加えた文法。

 

S(主語)V(述語動詞)O1(関節目的語)O2(直接目的語)
〜は / 〜が~する(物・事) 〜を(人など) 〜に

 

SVO1O2
(主語 + 述語動詞 + 関節目的語 + 直接目的語=名詞句

SVO1O2
(主語 + 述語動詞 + 関節目的語 + 直接目的語=to 不定詞

SVO1O2
(主語 + 述語動詞 + 関節目的語 + 直接目的語=that節

SVO1O2
(主語 + 述語動詞 + 関節目的語 + 直接目的語=疑問詞節

SVO1O2
(主語 + 述語動詞 + 関節目的語 + 直接目的語=how to 〜・what to 〜 など

 

 

第5文型 SVOC

「主語(S)」と「述語動詞(V)」の基本形のあとに、「目的語(O)」とその目的語を説明している「補語(C)」を加えた文法。

 

S(主語)V(述語動詞)O(目的語)C(補語)
〜は / 〜が~する(物・事) 〜を(人など) ~と / 〜に

 

SVOC
(主語 + 述語動詞 + 関節目的語 + 補語=名詞句

SVOC
(主語 + 述語動詞 + 関節目的語 + 補語=形容詞句

SVOC
(主語 + 述語動詞 + 関節目的語 + 補語=動詞の原形

SVOC
(主語 + 述語動詞 + 関節目的語 + 補語=現在分詞

SVOC
(主語 + 述語動詞 + 関節目的語 + 補語=過去分詞

SVOC
(主語 + 述語動詞 + 関節目的語 + 補語=to 不定詞

 

 

日本人が母語である「日本語」を身につける場合、生まれた時から、毎日のように家族や周りの人が話す言葉を耳にし、日本語の中で生活をしていることから、日本人が「日本語」をごく自然に使うことは当たり前のことです。

それと同様に、アメリカ人やイギリス人などが母国語の「英語」を話すことはごく自然なことで、いちいち「文法」を気にして話しているわけではありません。

しかし、私たち日本人が外国語として「英語」などの言語を学ぶ場合、同じように「英語」を扱うようになれるまでには、さまざまな言語の壁にぶち当たることになるので、ある程度の英文法を知る・必要とする場面も出てくることでしょう。

ただし、こうしたルールをすべて暗記することは大変であり、すべての英文がこれらの文型に当てはまるとは限らないので、とらわれ過ぎてもかえって「英語」を遠のけてしまう可能性があるので、「中学レベルの文法」を、必要に応じて関係性を照らし合わせ、理解していくことが「英語力」を身につけるためのアイテムとなることでしょう。

 

 

 

 

It’s so much for today.
今日はここまで。

Thank you for reading to the end.
最後まで読んでくれてありがとうございます。

See you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA